2019年春ドラマ 白い巨塔

岡田准一主演『白い巨塔』【第4話(夜)とは!?】あらすじ・見逃しレビュー

更新日:

白い巨塔の第3話を見逃した方向けにレビューしていきます。>>第3話のレビュー

第4話(夜)のストーリーの展開とは!?

まずは公式あらすじをご覧ください。

ドイツで手術のデモンストレーションを行う財前五郎(岡田准一)が現地の医師たちに絶賛されている頃、日本では、ICUでの治療の甲斐なく佐々木庸平(柳葉敏郎)が死亡していた。死因が肝不全だと知り、膵臓がんだと思っていた妻のよし江(岸本加世子)と息子の庸一(向井康二)はがく然…。里見脩二(松山ケンイチ)は、そんな二人に病理解剖を勧める。 財前のミスを疑い、真実を知りたいと強く願う庸一の後押しで、後ろ向きだったよし江も解剖を了承。病理学科の教授・大河内恒夫(岸部一徳)が解剖を担当することになる。 解剖の結果、血管内リンパ腫が原因で肝不全となり、血液凝固障害を起こしたため死亡したことが判明。よし江と庸一は、手術の前後ともに、財前は「膵臓以外に問題がない」と言っていたと柳原雅博(満島真之介)に詰め寄る。もともと財前の傲慢な診察態度に疑問をもっていた二人は、彼を裁判で訴えることを決意する。   そんな中、財前が帰国。空港で訴訟についてのコメントを求める記者たちに囲まれ、もみくちゃになっている財前を連れ出した義父の又一(小林薫)は、その足で医学部長・鵜飼裕次(松重豊)の自宅へ向かう。教授選で財前を推薦したがために自分の立場が危うくなったと激昂する鵜飼に、財前は、すべては遺族の誤解で、自分に後ろめたいことはないとキッパリ宣言。又一も金に糸目はつけないので、何とか降りかかる火の粉を払ってほしいと土下座する。 翌朝、柳原を呼び出した財前は、恩師の大河内が解剖を担当したと聞き、自分の立場が悪くなると激怒。さらに、柳原にカルテの改ざんまでほのめかす。また、里見のもとを訪れた財前は、遺族に自分を窮地に陥れる病理解剖を勧めた彼にも食ってかかり、同期の二人に溝ができてしまう…。 よし江と庸一は財前を訴える裁判を起こすために、弁護士・関口徹(斎藤工)の事務所を訪れる。一方、病院と財前の代理人となった弁護士・国平幸一郎(山崎育三郎)は関口に破格の金額を提示し、示談にしないかと持ちかける。 真実と自分の将来を天秤にかけ、裁判を前にどんどん追い込まれていく柳原…。 そして、ついに、純粋に真実を知りたいと願う遺族と、保身にすべてをかける財前の長い闘いが始まる…! 引用:テレビ朝日公式HP

第4話のハイライト~医療裁判編と愛人との関係性

医療裁判の行方は!?

4話は2時間近いの長編になりました。

財前は亡くなった佐々木庸一の遺族に訴えられ、医療裁判に発展してしまいます。「財前教授が術前にPET検査を部下から進言されたにもかからず実施しなかった。PET検査をしていれば患者の命は延命できた可能性があり、本件が財前教授の注意義務違反を問えるかどうか」が裁判の焦点になりました。

今回も教授選のときと同じく、財前陣営と遺族陣営の対立構造を描きながらストーリーが進みました。

財前陣営は鵜飼教授を筆頭にして浪速大学病院の名誉を守るために、遺族陣営は和解をせず佐々木庸一がなぜ死亡したのか原因究明と再発防止のために裁判で争いました。

遺族陣営には、財前と同期の里見も加わり、裁判は泥沼化の様相を呈しましたが・・・

ドラマ開始約100分後、「主文、原告への請求を棄却する」という判決が下ってしまいました。つまり財前の勝利です。

原告側の遺族も控訴する構えを示しているので、5話の展開で逆転もありうるかもしれません。

愛人ケイ子との関係がついに妻にバレた!

ドラマ開始45分ほどで濃厚なラブシーンを演じた財前であったが、最後のシーンでは、愛人との関係を妻に見抜かれてしまいます。

果たして5話ではどうなるのでしょうか!?

 

第4話を見逃した方はテレ朝動画で無料で見られます!

第4話見逃し動画のリンクはここをクリック!※配信期間は5/22(水)22:30~6/9(日)23:59まで

白い巨塔の前作をご覧いただきたい方はFODの動画サイトで無料でご覧にいただけます。

   

白い巨塔の原作をご覧いただきたい方はFODの動画サイトで無料でご覧にいただけます。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>
  • この記事を書いた人

シンジ

猫をこよなく愛する管理人のシンジと申します。映画・ドラマ・アニメを中心に旬な情報をお届けします。フォローよろしくお願いします!

-2019年春ドラマ, 白い巨塔
-

Copyright© エンタメクリッパー , 2021 All Rights Reserved.